カウンセラーからのおすそわけ 未分類

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ引っ越しました。 

「カウンセラーからのおすそわけ」は、
引っ越しました。

新しいURLは以下のとおりです。
http://ameblo.jp/shin-ei-cc

引き続きご愛読ください。
どうぞよろしくお願いします。(yoshi)
スポンサーサイト

ブログの引っ越し!! 

9月から「カウンセラーからのおすそわけ」は、
引っ越しました。

新しいURLは以下のとおりです。
http://ameblo.jp/shin-ei-cc

引き続きご愛読ください。
どうぞよろしくお願いします。(yoshi)

与えることの意味(3)【自己成長】 

与えることによって
私たちが受け取るものには、
姿形は無いかも知れません。

しかし、与えることに伴う
意味を考えてみれば、
姿形あるもの以上に
価値あるものを受け取っていると
言えるのではないでしょうか。

物質的に捉えるならば、
「与えることは失うこと」
というのは正しいことです。

しかし、私たち人間は
単に物質的・無機的な存在なのではなく、
人との関わりと意味を大切にする
有機的な存在であるため、
与えることに喜びを感じるのでしょう。

与えることの本当の意味を理解した人は、
きっと与えた以上に多くのものを
受け取ることができるのではないでしょうか。(yoshi)

「コケ単位」はじめました!! 

単位は、モノをはかったり、変化を感じ取る時に役立ちます。

長さをはかる単位があります。
重さをはかる単位があります。
容量をはかる単位があります。
速さをはかる単位があります。

こうした既存の単位以外に、
人間関係の状態を測る単位があったらいいと思いませんか?
自己成長の度合いを測る単位があったらいいと思いませんか?

そこで、「ココロのケンコウ度」をはかる
あたらしい単位を考えたいと思い、
新ブログを立ち上げました。

題して「コケ単位」。
http://newunit.blog.shinobi.jp/

不定期更新ですが、あたらしい単位が思い浮かんだら
更新していきたいと思っています。

こちらもどうぞよろしくお願いします。(yoshi)

病気になったら 

今、病気の床に伏している人がいるなら…
それは、どんなにつらく、心細く、不安なことでしょう。

今、ご家族の病気を知った人がいるなら…
何をしてあげられるのか、と悩まれていることでしょう。

昨日、私はキリスト教会の牧師から一冊の本をご紹介いただき、購入しました。
それは、カトリックの神父が病床で書いた一編の詩が本になったものです。

私たちにできることには限りがあります。
でも、この詩から何かを感じ取って頂けたら幸いです。(yoshi)


『恵のとき』~病気になったら~(抜粋) 

病気になったら どんどん泣こう

痛くて眠れないといって泣き
手術がこわいといって涙ぐみ
死にたくないよといって めそめそしよう

恥や外聞もいらない
いつものやせ我慢や見えっぱりを捨て
かっこわるく涙をこぼそう

またとないチャンスをもらったのだ
じぶんの弱さをそのまま受け入れるチャンスを


病気になったら おもいきり甘えよう

あれが食べたいといい
こうしてほしいと頼み
もうすこしそばにいてとお願いしよう

遠慮も気づかいもいらない
正直に わかままに自分をさらけだし
赤ん坊のようにみんなに甘えよう

またとないチャンスをもらったのだ
思いやりと まごころに触れるチャンスを

・・・(中略)

病気になったら 安心して祈ろう

天に向かって思いのすべてをぶちまけ
どうか助けてくださいと必死にすがり
深夜 ことばを失ってひざまずこう

この私を愛して生み 慈しんで育て
わが子として抱き上げるほほえみに
すべてをゆだねて手を合わせよう

またとないチャンスをもらったのだ
まことの親に出会えるチャンスを

そしていつか 病気が治っても治らなくても

みんなみんな 流した涙の分だけ優しくなり
甘えとわがままを受け入れて自由になり

感動と感謝によって大きくなり
友達に囲まれて豊かになり
天の親に抱きしめられて

自分は神の子だと知るだろう

病気になったら またとないチャンス到来
病のときは恵のとき

『恵のとき』~病気になったら~
絵:森雅之 詩・作:晴佐久昌秀 サンマーク出版
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。