カウンセラーからのおすそわけ 2007年01月15日
FC2ブログ

クリエイティブテンション(前編) 

人は目標を持つ時、何かを生み出そうとする時に
少なからず心の負担を感じるものです。

この心の負担は、「願っていること」と「現実」の間の
ギャップによって起こるものです。

「願っていること」と「現実」の間のギャップが小さければ、
心の負担は少なくてすみます。
しかし、「願っていること」と「現実」の間のギャップが
大きければ大きいほど心の負担もそれに伴って大きくなります。

この心の負担は、苦痛を伴うものかもしれません。
しかし、この心の負担は新しいものを生み出そうとする
創造のエネルギーでもあるのです。

マサチューセッツ工科大学教授ピーター・センゲは、
これを「クリエイティブテンション」(創造的緊張)と呼びました。

自分を変えようとする時、何かを得ようとする時、
問題を解決しようとする時に「クリエイティブテンション」は、高まるでしょう。

しかし、これを乗り越えた時、
喜びと成長を手に入れることになるのです。(yoshi)

「涙と共に種を蒔く人は、喜びの歌と共に刈り入れる」詩編126編5節
スポンサーサイト