カウンセラーからのおすそわけ 2008年02月12日
FC2ブログ

「しない」より、「する」計画(前編)【リアリティセラピー】 

改善計画を立てる時に
覚えておくと良いことがあります。

それは、あることを「しない」計画ではなく、
「する」計画を立てるということです。

私たちの脳は、
「しない」ことよりも
「する」ことの方が得意です。

例えば、次のことを実行して下さい。

「今から30秒、ツバを飲み込まないで下さい」


そして、続けてこう言われたらどうでしょう?

「梅干しを想像しないで下さい」


どうですか?
ツバを飲み込まないように意識すると
ツバを飲み込みたくなりませんか?

梅干しを想像しないで・・・
と言われた瞬間に梅干しを想像しませんでしたか?

これは、抑制の逆説的効果と呼ばれるものです。(yoshi)

・・・つづく。
スポンサーサイト