カウンセラーからのおすそわけ 2008年07月09日
FC2ブログ

リードマネジメントの5つの柱(6)【リードマネジメント】 

リードマネジメントの五つ目の柱は、
自己評価です。

他者評価からは、
他の人が状況をどのように
捉えているのかを知ることができます。

しかし、他者評価では、
真の意味で学ぶことはできません。

上質を生み出すための創意工夫は、
他者評価からでなく自己評価から生まれるのです。

前もって定義し、共有した上質な仕事を基準として
働く人一人一人が自分していることについて
適切に自己評価できる体制をつくりましょう。

自分の行動が周囲に与える影響を
自己評価できるよう工夫を凝らしましょう。

仕事とコストの関係を吟味してもらい
何をどう改善していくのかを模索する援助をしましょう。

自己評価は、批判的であってはなりません。
効果的な自己評価は、学習と希望があるものです。

最初は自己評価の手助けが必要かもしれませんが、
次第に自律的に自己評価出来るよう配慮しましょう。

自律的な組織を形づくるためには
自己評価を推進していくことが求められます。(yoshi)

・・・つづく。
スポンサーサイト