カウンセラーからのおすそわけ 2008年08月07日
FC2ブログ

働く喜びを伝えよう(4)【親子関係】 

お手伝いを学びの場とするための工夫は、
親にとっても有益な学びの時となります。

お手伝いをすることで
子どもが喜びを感じとれるような
方法を考えてみましょう。

お手伝いを通して
「自分には価値がある」
と感じられる経験を与えましょう。

「人のために何かをするのはとても気分の良いものだ」
ということを実感する場をつくり出しましょう。

こうした一つ一つの取り組みによって
子どもに働く喜びを伝えることができます。

このようにして得た喜びは、
やがて社会に出た時に
どのような職業に就いたとしても
有意義な働き方の礎となるでしょう。(yoshi)
スポンサーサイト