カウンセラーからのおすそわけ 2008年08月27日
FC2ブログ

月別アーカイブ

 2008年08月 

自己評価【選択理論心理学】 

私たちは自分自身を見つめ、
吟味し再考することによって成長します。

選択理論心理学によれば、
これは自己評価と呼ばれる心の働きになります。

自己評価することで
喜びを得ることもありますが、
時には痛みを伴う場合もあります。

自分の力不足を感じる時、
期待と現実が大きく異なる時、
受け入れることが困難な時、
こうした時に私たちは心に痛みを感じます。

こうした痛みは、
自分が一回り大きくなるための
苦しみなのかもしれません。

更なる成長に伴う犠牲と
いえるのかもしれません。

※上質世界のイメージ写真が
新しいものと張り替わる瞬間に
心は痛みを感じるのです。

この痛みは意味ある痛みと言えるのです。

上質世界のイメージ写真は、
自らの欲求を満たすものですから
その痛みを乗り越えた後には
これまで以上に良いものを
手に入れることができるでしょう。

自分自身を見つめ、吟味し再考するときに
あなたの内側で自己評価が行われているのです。(yoshi)

※選択理論心理学の用語集をご参照下さい。
http://shin-ei-cc.com/cgi/sh_data/sh_data/16_log.html
スポンサーサイト