カウンセラーからのおすそわけ 2008年09月06日
FC2ブログ

さなぎの時期(前編)【選択理論心理学】 

身近な人が悩んでいる時、
どのように手助けしたらいいのか
分からないことがありますか?

それは「さなぎの時期」
を迎えているのかもしれません。

人は、人生の中で「さなぎの時期」
を経験することがあります。

さなぎは外界から遮断する殻をつくります。
成長に至るためのある時期は、
とても身体にダメージを受けやすいからです。

さなぎは外から見ても
その成長は伺い知れません。

しかし、時期がくれば自ら殻を破り
羽化をして飛び立っていきます。

「さなぎの時期」
それは、苦しみの時かもしれません。
悲しみの時かもしれません。
絶望の時なのかもしれません。

「さなぎの時期」は、文句を言う、脅す、
責める、罰する、批判する、褒美でつる、
ガミガミ言うなどの※外的コントロールに敏感です。

こうしたものから自分を守るために
自分の周りに殻をつくるのです。

傍目から見ればじっとしていて
何もしていないように見えるでしょう。

自分の殻をつくって周囲と関わらないので
何を考えているのか分からないかもしれません。

しかし、「さなぎの時期」は
何もしていないわけではないのです。

・・・つづく。(yoshi)

※選択理論心理学の用語集をご参照下さい。
http://shin-ei-cc.com/cgi/sh_data/sh_data/16_log.html
スポンサーサイト