カウンセラーからのおすそわけ 2008年09月17日
FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

才能の種を育てる(前編)【親子関係】 

すべての子どもは、
才能の種を持っています。

才能の種が発芽し、
やがて花を咲かせるためには、
欠かせないものが二つあります。

一つは、愛情を注ぐこと
もう一つは、成長を信じることです。

愛情を注ぐということは、
全面的に関心を寄せるということです。

様々な視点から関心を寄せてよく観察すれば、
何が必要で何が必要でないのかが
自然に分かるでしょう。

盲目的に何でも与えるのは
愛情とは言いません。

植物は水を与えすぎれば
根が腐ってしまいます。

肥料を与えすぎれば成長に支障をきたし
茎葉は伸びても花実がつかなくなってしまいます。

愛情をもって関わるのであれば、
必要なものを、必要な時に、必要な分量、
提供することが求められるのです。

才能の種を健やかに育てるために
あたたかく見守り、声をかけ、
経験を奪わないように配慮して
愛情を充分に注ぎましょう。(yoshi)

・・・つづく。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。