カウンセラーからのおすそわけ 2008年09月18日
FC2ブログ

才能の種を育てる(後編)【親子関係】 

才能の種を育てるための
もう一つの要素は、
成長を信じることです。

子どもは、日々色々な情報に触れています。
子どもは、日々色々なことを考えています。
子どもは、日々色々なことを経験しています。

大人の目から見ると
もどかしく感じることが
あるかもしれません。

しかし、子どもはその子なりの速度で
色々なものを吸収し咀嚼しているのです。

それらがしっかりと消化されれば
自然に成長することができるのです。

大切なことは、急ぎすぎないことです。
そして他の子どもと比較しないことです。

急いでも良い花は咲きません。
他とは違う種なのですから、
比較する意味はありません。

成長を信じて、その日その時の関わりを
ひとつひとつ取り組んでいけば良いのです。

愛情が注がれた才能の種は、
やがて香り豊かな花をつけるでしょう。

成長を信じて育てられた才能の種は、
麗しい実をつけることでしょう。

すべての子どもは
才能の種を持っています。

その種を大切に育てましょう。(yoshi)
スポンサーサイト