カウンセラーからのおすそわけ 2008年11月01日
FC2ブログ

改善と変革【選択理論心理学】 

私たちは、願っているものを得るために
ある時には改善、またある時には
変革が求められることがあります。

改善の場合は、目的や方針などはそのままで、
やり方を変えることが必要です。

失敗した時に手順を変えたり
問題が起こった時に方法を変えたりして
目標に到達していこうとするのが改善です。

しかし、改善をいくら繰り返しても
願っているものが得られない場合には
変革が求められているのかもしれません。

変革では、手順や方法の土台となっている
目的や方針を見直すことが要求されます。

これを選択理論心理学で説明するならば、
改善は、※上質世界のイメージ写真(願望)
を手に入れるために、今している行動よりも
もっと効果的な行動を選び直す作業と説明出来ます。

また変革は、※上質世界のイメージ写真(願望)
そのものを見直し、欲求充足するのにふさわしい
別のイメージ写真に貼り変える作業
と言うことができるでしょう。

もし、今あなたが求めているものが
得られていない状態にあるとしたら、
必要なのは改善ですか? それとも変革ですか?(yoshi)
スポンサーサイト