カウンセラーからのおすそわけ 注意したい考え方のクセ(2)
FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注意したい考え方のクセ(2) 

注意したい考え方のクセの二つ目は、「極端な一般化思考」です。

「極端な一般化思考」は、ステレオタイプ、固定観念、
偏見などと呼ばれています。

「極端な一般化思考」は、見たり聞いたりした現象を
一般論のみを手がかりとして判断するのが特徴です。

次のような時には、「極端な一般化思考」が働いている時かもしれません。

→つい血液型で人を判断してしまう。
→「だいたい男って…」とか「いつも女は…」など
  性別で行動パターンを解説してしまう。
→「みんながやってる」とか「いつも」などが口癖になっている。


他にも人種のイメージから「アメリカ人はみんなオーバーアクションだよね」
と言ったり、身体的特徴から「太っている人って大らかだよね」と
言ってみたり、十把一絡(じゅっぱひとからげ)にして物事を考えて
しまうのは「極端な一般化思考」がクセになってしまっているといえます。

「極端な一般化思考」は、思考停止の原因になります。
そして、物事の本質を追求したり、新しい発想を生み出すことを妨げます。

「極端な一般化思考」を続けていると変化に対応することが困難になり、
フラストレーションも高まります。

人は少なからず物事を一般化して見る傾向がありますが、
あまりに極端に一般化して物事を見ないように注意が必要です。

一つ一つの事象を極端に一般化せずにありのままでとらえられれば、
寛容な気持ちで日々を過ごせるのではないでしょうか。(yoshi)

参考文献:「キャリアカウンセリング」宮城まり子著 駿河台出版社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osusowake.blog72.fc2.com/tb.php/185-95181e1f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。