カウンセラーからのおすそわけ リードマネジメントの5つの柱(2)【リードマネジメント】

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リードマネジメントの5つの柱(2)【リードマネジメント】 

リードマネジメントの大黒柱となるもの、
それは仕事を通して基本的欲求を満たすということです。

意味の感じられない仕事を
長く続けるのは困難です。

役立つと思えないことからは
上質なものは生まれてきません。

自律的な組織を築くためには、
意味があり、役立つと感じられる
仕事のやり方を工夫することが求められます。

仕事を通して関わり、分かち合い、
受け入れあい、互いの【※所属の欲求】が
満たせるような場を創り出しましょう。

それぞれの特性を活かし、貢献し、
支援し合って【※力の欲求】が発揮出来るように
励まし合いましょう。

仕事の目的を明確にし、
質を高めるために創意工夫できるよう
出来うる限りの裁量権を与えて
【※自由の欲求】が満たせるようにしましょう。

仕事を学びと捉え、笑顔を交わし合い、
仕事の中においても【※楽しみの欲求】を満たしましょう。

体調が悪化すれば生産性と質は低下します。
根をつめすぎて【※生存の欲求】脅かさないように
互いに身体を気遣い合いましょう。

仕事から喜びを感じられるシステムを創ること、
これはリードマネジメントの中核です。(yoshi)

・・・つづく。

※選択理論心理学の用語集をご参照下さい。
http://shin-ei-cc.com/cgi/sh_data/sh_data/16_log.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osusowake.blog72.fc2.com/tb.php/653-26c711e8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。