カウンセラーからのおすそわけ リードマネジメントの5つの柱(4)【リードマネジメント】

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リードマネジメントの5つの柱(4)【リードマネジメント】 

リードマネジメントの三つ目の柱は、
コ・オペラティブラーニングです。

コ・オペラティブラーニングとは、
積極的相互協力の恊働学習のことです。

職場は、価値の創造を学習する場です。

仕事を進める中でメンバー同士互いに
分かち合い、学び合い、高め合う
積極的相互協力の学習の場を創りましょう。

効果的な方法を分かち合えるような
仕組みを創りましょう。

有益な情報交流の場を創りましょう。

それぞれの特性を生かしながら
互いに協力して仕事を進める方法を確立しましょう。

上質な仕事は、
改善と成長を生み出す
という特徴を持っています。

働く一人一人が有機的に関わり合い、
学び、成長することで
その組織は確実により良い変化を遂げるでしょう。

リードマネージャーの重要な役割は、
組織内に学び合いのシステムを創り
それが適正に運用されるように管理することです。

これは、人を管理しようとするよりも
はるかに素晴らしい成果をもたらすことになるのです。(yoshi)

・・・つづく。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osusowake.blog72.fc2.com/tb.php/655-554751ff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。