カウンセラーからのおすそわけ 火元責任者になる(後編)【リードマネジメント】
FC2ブログ

火元責任者になる(後編)【リードマネジメント】 

一方、火力が弱いと
チームの機能は停滞します。

素材は自分の味を
出すことができません。

調味料は素材と混ざること無く
本来の役割を全う出来ません。

どんなに良い素材と調味料が揃っていても
火力が弱ければ出来上がりは
総和以下のものになってしまうのです。

チームの中で
敵対関係が生まれれば
火力は弱くなります。

また、取り組んでいることに
意味を感じられなくなれば
火力は弱くなります。

ですから、リードマネージャーは
チームのメンバーが仕事を通して
欲求充足出来るように知恵を使い
火力の調子に気を配る必要があります。

火力を調整するというのは
部下を動機付けさせようと
叱咤激励することではありません。

チームのメンバーが仕事の意味を感じ
自分たちが役立っていると実感できるような
仕事のやり方を生み出すことです。

こうすることで自然にチームに
最適な火力が生み出されるでしょう。

リードマネージャーの役割は、
チームの火力を調整する
火元責任者のようなものと言えるでしょう。(yoshi)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osusowake.blog72.fc2.com/tb.php/819-1a59d8e9