カウンセラーからのおすそわけ 生涯にわたる関係ならば
FC2ブログ

生涯にわたる関係ならば 

親子関係は、一生付き合い続ける人間関係です。
親子関係は、何があってもその絆が切れることはありません。

親子関係は、他の人間関係と違って、子どもに対する期待も自然に大きくなります。
そして、その期待がゆえに外的コントロールを使いやすくなります。

「今後のために」という理由で、外的コントロールが使われます。
「成功させたいから」という理由で、外的コントロールが使われます。
「周りからバカにされないように」という理由で、外的コントロールが使われます。

もし、家族の口数が少なくなってきているなら、注意が必要です。
言い争いが度々起こるなら、関わり方を変えるサインだと思って下さい。
言うことを聞かなくなってしまったら、出来ることは本当に少なくなります。

人間関係は、近ければ近いほどコントロールに対して反発し抵抗します。
コントロールするよりも、思いやりを示して下さい。

思いやりは、愛を形にする行為です。
良い行為は、人生で役立つ良いモデルとなります。
モデルを見て学び取ることは、自分で選べますから押し付けがありません。

思いやりを学ぶことが出来れば、コントロールしなくとも自分で人生を上手くやっていけます。

愛することとコントロールすることは共存できません。
どちらか一方を選択するしかないのです。(yoshi)
スポンサーサイト



コメント

この前、親にうつが回復してきたからと、初めて真剣に話し合いをした。
鬱になって、自殺まで考えた事。など。
そしたら、親から誰のために生きてるんだ!と怒鳴られた。
私は「自分のためだ」と答えた。
また怒鳴った。結局うちの親は自分のためというのではなく、親の為と言ってほしかったようだ。
やっぱり親子関係は難しい。
昔から、親が恐くて、反抗できなかった。反抗すると必ず、手がとんできた。なぐられ、けられた。
トラウマが残ってる。
早く家を出たい。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osusowake.blog72.fc2.com/tb.php/9-e4ef1852