カウンセラーからのおすそわけ 異なる二つのアプローチ(3)【リアリティセラピー】
FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異なる二つのアプローチ(3)【リアリティセラピー】 

もう一つのアプローチは、
ポジティブアプローチと呼ばれるものです。

ポジティブアプローチは、
長所や強み、持っている特性を活かし
更に発展させようとする取り組みです。

ポジティブアプローチを
選択理論で理解しようとするなら、
※上質世界の特性に注目すると良いでしょう。

上質世界には、
夢や希望そして理想の姿など
基本的欲求を満たす概念が
イメージ写真として記憶されています。

これらは私たちを、
内側から行動に駆り立てる
原動力となります。

この上質世界のイメージ写真を強化し、
補完し、発展させるような援助をすると
次のような現象が起こると考えられます。

◎モチベーションが高まる
◎創造性が活性化する
◎自尊感情と有能感が向上する

出来ていないところではなく、
出来ているところに注目すること。

失ったものではなく、
得ているものに注目すること。

過ぎたことではなく
これからに意識を向けること。

このようなパラダイムシフトは、
ポジティブアプローチの
視点によって生まれてきます。

ポジティブアプローチでは、
触発、変革、創造などの現象が見られます。

ポジティブアプローチは、
良い意味で主体的にバランスを崩していく
成長のアプローチと考えられます。

ポジティブアプローチは、
言い換えるなら価値創造のアプローチ
と言うことができるでしょう。

この二つのアプローチは、
どちらが優れているということではなく、
どちらも私たちの心の働きと関係しています。

それぞれの特徴を理解すれば
※五つの基本的欲求を満たし、
より良い人生を送るために役立てられるでしょう。(yoshi)

※選択理論心理学の用語集をご参考下さい。
http://shin-ei-cc.com/cgi/sh_data/sh_data/16_log.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osusowake.blog72.fc2.com/tb.php/937-ea982a57

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。