カウンセラーからのおすそわけ セルフコントロールの3領域(2)【セルフコントロール】

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セルフコントロールの3領域(2)【セルフコントロール】 

セルフコントロールの二つ目の領域は、
行動のコントロールです。

セルフコントロールできるようになりたい
という思いの中で最も多いのは
感情のコントロールではないでしょうか。

効果的に感情をコントロールするためには、
まず行動の特性について理解するのが役立ちます。

選択理論では、
行動を※全行動という概念で捉え、
次の四つの構成要素で説明しています。

◎行為
◎思考
◎感情
◎生理反応

選択理論では、
私たちが行動する時には
いつもこの四つの要素が
機能していると考えています。

例えば、緊張する(感情)時には
その場をウロウロし(行為)、
上手くいくかそうでないか結果を考え(思考)、
喉が乾き手が震える(生理反応)
という要素が一体となっています。

・・・つづく。(yoshi)

※選択理論心理学の用語集をご参考下さい。
http://shin-ei-cc.com/cgi/sh_data/sh_data/16_log.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osusowake.blog72.fc2.com/tb.php/942-caafcc52

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。