カウンセラーからのおすそわけ ハンドルをきる(後編)【選択理論心理学】
FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンドルをきる(後編)【選択理論心理学】 

選択理論心理学では、
車を自分自身の行動、
ハンドルを自分が求めているもの、
として表して説明しています。

ハンドルをしっかり握って
操作すれば車の挙動は安定します。

しかし、ハンドルを
どちらに切ったらいいのか迷い
行き先を定めなければ
車の動きは不安定になります。

重要なことは求めているものに
しっかりと標準を合わせることです。

そして求める方向に
確実にハンドルを切ることです。

そうすれば、
人生は求める方向に
向かって進んで行くのです。

もし、不快な感じが続いているなら、
ハンドルを向けている方向を
見直した方が良いのかもしれません。

本当は望んでいない方向に
ハンドルを向けているかも
しれないからです。

人生には、色々な道があります。

その中で自分が本当に進みたい方向に
しっかりとハンドルを向けることを
意識してみましょう。(yoshi)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osusowake.blog72.fc2.com/tb.php/995-6b2493b0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。