カウンセラーからのおすそわけ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考える質問【リードマネジメント】 

マネージャーの仕事の一つは、
部下に質問を投げかけることです。

マネージャーは、
仕事の進捗状況を尋ねます。
今どんなことが起きているかを尋ねます。
仕事の結果を尋ねます。

このような質問は、
情報を共有する上で大切です。

しかし、これだけでは
上質な仕事を生み出すには
もの足りません。

リードマネージャーは、
上記の質問に加えて
考える質問を投げかけます。

リードマネージャーは、
何を感じたかを尋ねます。
どのようなアイデアがあるかを尋ねます。
何を大切にしたいのかを尋ねます。

このような質問をすることで、
部下をよりよく知ることが出来ます。

また、よく考えてもらうことで
仕事について学ぶ機会を
提供することになります。

リードマネージャーは、
考える質問をすることで
情報共有だけでなく、
意志の疎通も図るのです。(yoshi)

伝えるのは2度まで【外的コントロール】 

相手に自分の思いを伝える上で、
注意したいことがあります。

それは、何度も同じことを
伝えようとしないことです。

一度目は、別のことを考えていて
「聞いていなかった」
ということがあるかも知れません。

ですから、相手に二度同じことを
伝えなければならないことも
あるでしょう。

この時覚えておきたいことは、
たいてい二度同じことを伝えれば、
こちらの意図は伝わるということです。

私たちは自分が伝えたことを
相手が実行してくれないと、
理解していないのではないかと思って
繰り返し同じことを言ってしまいます。

自分が伝えたことに対して
相手の返答が無いと
ちゃんと伝わっているかを
確認したくなって、
何度も同じことを尋ねてしまいます。

しかし、同じことを
何度も伝えるというのは、
※外的コントロールになります。

人は何度も同じことを言われると
話しの内容よりも、
コントロールされまいと
防衛的になるものです。

何度も言っているのに
返答がないとすれば、
それが自己防衛の表れです。

それを続ければ続けるほど
関係は傷ついていきます。

自分の思いを伝えるなら、
意味があるのは2度まで
と覚えておきましょう。

それ以上は、
雑音としてして
捉えられかねないので
注意が必要です。(yoshi)

他者の視点で眺めよう【セルフコントロール】 

私たちは、
悩みの只中にいる時、
自分の置かれている状況が
見えなくなってしまいます。

そうすると焦燥感に駆られ、
有益とはいえないことを考え、
問題解決とかけ離れた行動を
取ってしまうこともあるものです。

こんな時には、
少し冷静になることが
肝要です。

気持ちを落ち着けるために、
他の人の視点で
事態を眺めてみましょう。

例えば、次のようなことを
自問自答してみると良いでしょう。

「もし、他の人が同じことで悩んでいるとしたら、
 その人にどのように考えることを勧めるだろうか?」

「そして、どのような行動を取るように提案するだろうか?」

このように質問することで、
何か新たな気づきが
生まれるかもしれません。

これまでとは違う考えが
浮かぶかもしれません。

解決のヒントが
得られるかもしれません。

悩み只中にいる時には、
あせって結論を出すのでなく、
一時冷静になることが重要です。

そのために、
冷静さを取り戻す自分なりの方法を
予め備えて身に付けておきましょう。(yoshi)

自分にできることを見つける【選択理論心理学】 

思うようにならない時、
誰かに依存して
問題を解決しようとしてはいませんか?

人に依存して
問題を解決しようと試みていると、
その悩みは長引くか
仮に一時解決したように見えても
繰り返し同様の悩みを
抱えることになるでしょう。

ですから、
思うようにならないと
感じた時には、
誰かに何とかしてもらおうと
考えるのでなく、
自分にできることを探しましょう

問題を解決するために
自分が出来ることは何でしょう?

状況を良くするために
自分が出来ることは何でしょう?

変化を生み出すために
自分が出来ることは何でしょう?

自分にできることが
見つけられたなら、
それは生きる知恵へと
変わるでしょう。(yoshi)

持論を脇に置く【人間関係】 

私たちは、
自分の考えと違う人に出会うと
自分の考えに固執するあまり
相手とぶつかり合うことがあります。

その結果、後になって
気まずい思いを経験します。

持論があるということは、
自分自身を確立する上で
とても大切なことです。

しかし、忘れてはならないのは
自分に持論があるように
相手にも持論があるということです。

そして、相手にも持論があるからこそ
その人自身であると言えるのです。

ですから、
自分の持論を大切にするように
相手にも持論があることを
受け入れましょう。

自分の考え伝えることは
必要なことです。

同時に場合によって、
持論をいったん脇に置いて
相手の考えに耳を傾けることができるなら、
それは素晴らしいことです。

これは、相手に迎合する
ということではありません。

相手に敬意を持って
接するということです。

相手の話に耳を傾けた結果、
持論に更に広がりと深みが
増すかもしれません。

必要に応じて持論を脇に置く、
これは人間関係を持つ上で
とても大切なことと言えるでしょう。(yoshi)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。